すずめ

日常なるを徒然筆のままにお書き遊ばせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお話

espand.jpg

新しいお話が出来たのでご紹介いたします。
まずお久しぶりなブログです笑
只今甘露は期末テストまっさかり~☆な状態で非常に鬱憤を晴らしたくガゼットのREGRETを聞いていたら
君と同じピアスの舌~というとこを聞いて
新しいお話が出来上がったわけです。
タイトルはまたしても未定。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

中世ヨーロッパを舞台にした小国のお話であります。
この国では古くから移民戦争が繰り広げられ、先代の国王が統治するまで長い間の戦争で異民族も元々居た民族も疲れ果て荒廃しきっていたのです。
ところが国が立ってからは国王も自ら田畑を耕地するなどして積極的に、かつ円満に国を統治し
やっと周辺諸国に名前を知られるようになりました。
そして幾年が流れ、異民族も元居た民族も判らなくなるような平和な時代が訪れました。
ところで、この異民族の中にはとても稀な種の人が入り混じっており、
彼らはその昔独自の文化で繁栄してきたのでした。
しかし遠い地から来た民族との紛争で負けてしまい、土地を追われてしまいます。
彼らの中での成人は男児は15歳、女児は結婚するまで、
少年少女は生まれながらにして大変珍しい能力を持ち合わせており、その能力は古い書物によれば万病を払い、神と通じると書されてあります。
男児は15歳になれば自然とその力を失い、家族のため、集団の為、働きます。
女児は生まれながらにして契った神との契約を破棄し、生涯を誓った男への愛を誓った瞬間、その力を失います。


物語はここからスタートします。

やっと平和になった時代、民衆の中で不思議な能力を持つ少年少女が居るということに人々は不安感を持ち、
魔女狩りの最前線とされる異種狩りが行われました。
国王は非協力的ですが、其の妃は血筋に煩い他国の姫なので、率先してその狩りを推進しました。
罪もない人々が次々に残酷な死を遂げる中、
異種の少女はたった一人、両親の死と引き換えに死を免れました。
少女は逃げる、山の中、森の中、昼夜構わず。
そして力尽きる前、とある男性に拾われたのでした。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


という始まりです。
少女の名はエスパンド
一応異種ということで、男女関係なくありそうでなさそうな名前なのですが
何か変な意味あるよ~という御報告ありましたら名前くらいすぐ変えます笑

周辺外交との勢力争いやら民族同士の争い、そして人間の欲深さを主題にしてるのですが
まだまだ爪の甘いトコありそうですね・・orz

もうちょっと煮詰めたら何か形にしてお披露目いたします。
スポンサーサイト

はろうぃん

ハロウィンですね。
あと半月くらいで笑

個人的に凄くショックなことがあったのですが
なんとか乗り越えれたみたいです。
てゆか鬱になってる暇がないです笑

人って骨になると軽いのね~と改めて驚いたり
葬式ってめちゃめちゃ忙しいのね・・・と哀れんだり
酔っ払って暴れて泣いて徹夜でUNOしたり吐きそうになって寝たら無理矢理AM2時におっさんに起されたり

亡くなったあの人が凄く賑やかな子供のような人だったから
楽しい一時になりました。
辛いはずなのにただのドンチャン騒ぎになってましたよ。



結局甘露の家系に集まるのは明るくてバカばっかってことですねww






さてさて更新致しまして、
はろうぃん色一色ってわけでもないですが心ばかりのクラップでバカなことしてみました。
テンション高いぜヒャッホー!!!


明日も生きれるくらいの気持ちです。
御冥福と地獄の閻魔大女王を上手く口説けることを祈って合掌致します(手ぇ打っちゃだめぢゃんとか言わない)

体験談

数日前
通学途中にうっかり遭遇してしまいました。






オバゴリ


題して

オバゴリ


あんまりにも恐くて目をそらせず
しばし石化しました。

駄菓子歌詞
















おとつい小樽まで小旅行をSと行って来ました。

非常にゆったりとした時間を頂いたのですが

メルヘン交差点手前に人力車のようなチャリ力車がありまして
雪●パーラーで噂の生チョコソフトクリムを食って食い方がエロいとSさんに誉められたんですが


目の前をポニー(?)が通過いたしましたとこでした

甘露「可愛い!!」
S「何々??」
甘露「アレ!!馬いるよ」
S「あ、ほんとだー」
甘露「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
S「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

























彡//゜ミ?













ギャルゴリ










馬は前方を通り過ぎた瞬間
脅威のギャルゴリが
こちらを睨んで・・・・に振り返りました



おっかな!!!!










オバゴリとギャルゴリどちらかと言えば
ギャルゴリの方がおっかなかったです彡//゜ミ

甘露は日本のギャルを応援しています。

徒然

日記にて候とのたまうもよし
なんですが中身はただの女子高生です笑
気が向いたときに絵と一緒に適当にアップしていきたいです。
とりあえず過去ログの1部でもどうぞ

ってただの同人っぽい絵だったりするんだけど^p^ビアンキ



Profile

甘露

Author:甘露
蜥蜴の日記です。
暇人なんでやたら書き込んでたり^p^
ガゼF筆頭にV系Fさん大歓迎vv
皆でV系アゲましょうw

めろめろぱーく

メロメロパーク

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。